世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下のブログへ引越しました。
NON HO L’ETA - 気になる旬な出来事を語る
スポンサーサイト
15677.jpg

写真はアフリカ大陸の東南に隣接している不思議な島〔マダガスカル〕の〔バオバブ〕。
島の住人であるキツネザルや,もう一種類の森の住人、日本でも人気のあるシファカ等々。
これらが住む森が砂漠化、20年前から緑化に励んでいる日本人が、TVで紹介されたのは、つい2,3日前。
しかし、緑化運動と砂漠化防止対策を同一視して論ずるには、色々問題があります。
[緑の大地が無くなる日まで!!]の続きを読む
sommeliers.gif

Sommeliers(ソムリエ):熟練された職人により作り出されたハンドメイドのグラス。その他、Grape Extreme Vinum Wine Ouverture Basicなどのシリーズがある。〔RIEDEL社/広告より〕

1.吾輩は〔紫蘇焼酎〕である。 名前もある〔鍛高譚〕である。
このグラスの掌の裏でしばらくはよい心持に坐っておったが、しばらくすると非常な速度で酔い始めた。
[〔鍛高譚〕と〔ワイングラス〕]の続きを読む
1.吾輩は〔紫蘇焼酎〕である。 名前もある〔鍛高譚〕である。

あの時、妙なものだと思った感じが今でも残っている。
第一、形をもって装飾されるべきはずの瓶が、つるつるしてまるでビール瓶だ。

その後、ウイスキーやお酒にもだいぶ逢ったが、こんな片輪には一度も出会わした事がない。
のみならず、瓶の中の色があまりに赤いときている。

そうして、その瓶の頭からポンとコルク栓を抜く。
どうも気障っぽくて実に弱った。
これが人間の飲むワインというものである事が、ようやくこの頃知った。

〔夏〕が近づき〔目〕に緑葉、漱(そう)石(せき)込む、我輩である。
[〔鍛高譚〕と〔ワインの話〕 その1]の続きを読む
tantakatan-logo1.jpg

吾輩は〔しそ焼酎〕である。名前もある〔タンタカタ~ン?〕である。
どこで生れたかは見当がつく。 何でも澄み切った空気、豊かな山河で優雅に育てられていた事だけは記憶している。 しかも、あとで聞くと、それは焼酎というお酒の中で一番清々しく風味があるそうだ。

[湯水でタンタカタ~ン]の続きを読む
img_713523_10814692_0.gif
北海道苫小牧市の食品加工卸会社「ミートホープ」の偽装問題について、連日、連夜、新聞・週刊誌・TVなどで詳細に報道。 その道のプロやコメンテイターの行政や業界、更に消費者や世論に対する貴重なコメントや意見も多い。

[もったいない MOTTAINAI]の続きを読む
〔サクラひらひら舞う〕春光の花嫁。〔紫陽花鮮やかに咲く〕雨の花嫁。 6月(June)も残すところ一週間。 JUNEをローマ字読みすると〔ジュネ〕。
[紫陽花咲く雨の日にお嫁入り]の続きを読む
img_713523_10089284_0.jpg
写真は大阪府堺市の大鳥大社の銅像〕『ウィキペディア(Wikipedia)』より 日本神話最大の英雄〔ヤマトタケル〕古事記には「倭建命」、日本書紀では「日本武尊」と表記されている。 日本武尊は、日本神話の中でももっとも武力に優れた英雄のひとり。
[やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる やまとしうるわし]の続きを読む
先週のグローバル市場高を受けNKも上昇。 低位株上昇が、底値固め・上昇継続の証拠となるか。 それには、出来高がまだ伴っていない。
41QGGQXW0QL._AA240_.jpg
殺伐・索漠とした世の中、色々な〔ゆとり〕について...
[〔ゆとり〕と〔Slack〕]の続きを読む
某IT企業の経営者である友人の「閑話休題」,今日は、〔企業の若さ・・・若さの強化を目指して〕です。⇒ 日本経済新聞社と日経リサーチは、2006年3月20日に「05年度プリズムランキング」として、「多角的企業評価」の結果を発表しました。
[( 閑話休題-企業の若さ・・・若さの強化を目指して-]の続きを読む
欧米株上昇で安心感が広がりNKも上昇。 金利高への抵抗力はついたか更なる金利上昇圧力を気にして警戒感も台頭。NK18,000円は維持できずに終える。
NKは海外株高を受け100円以上の上昇。 米国株は高値波乱状況にあり、同時に金利市場動向も気になり、十分反応しきれずに終える。
世界的な景気拡大で、インフレ懸念を抑えるための金利上昇。 短期的には一度は大きな調整が必要。 NKは円安で輸出関連銘柄は小幅高のものも多い。 下げ局面では、絶好の買い場と見る投資家も多い。
当ブログは、『かぐや姫をお迎えする翁の心で皆様を御もてなしするのをモットーとしております。』とまでは言えませんが、私は純粋にブログを通じて考え方を共感したり、意見・コメントを頂いて学んだり、更にブログを通してのお付き合いから輪が広がるすることを喜び望むものです。〔源氏の死後匂宮と薫並んで世評高し〕
200px-Ch20_asago.jpg
[〔かぐや姫をお迎えする翁の心〕]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。