世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のグローバル市場高を受けNKも上昇。 低位株上昇が、底値固め・上昇継続の証拠となるか。 それには、出来高がまだ伴っていない。
スポンサーサイト
欧米株上昇で安心感が広がりNKも上昇。 金利高への抵抗力はついたか更なる金利上昇圧力を気にして警戒感も台頭。NK18,000円は維持できずに終える。
NKは海外株高を受け100円以上の上昇。 米国株は高値波乱状況にあり、同時に金利市場動向も気になり、十分反応しきれずに終える。
世界的な景気拡大で、インフレ懸念を抑えるための金利上昇。 短期的には一度は大きな調整が必要。 NKは円安で輸出関連銘柄は小幅高のものも多い。 下げ局面では、絶好の買い場と見る投資家も多い。
金利上昇が良いシナリオとなるのか、それとも悪いシナリオになるのか、株価はどちらを見る! NK17,800円を維持できれば下値の支えとなるが、大きく割れば調整が長引くと言われている。今日のNKは、小さなレンジ幅で、海外の今晩市場動向待ち。
先週末の米価株堅調で、NKも小幅高で始まるが終日小さなレンジの動き。 先週上昇した銘柄は売られ、売られた銘柄が買われる。 欧米の金利高がプラス要因となるにはまだ時間がかかりそう。
金利上昇を受け、昨日の米国株は200ドル近い大幅下落、3日間で400ドルの下げ。 NKも影響は避けられず、今日は大幅下落。欧米と日本株の良い調整になったか?
景気拡大で欧米の金利上昇、これをマイナーと見るかどうかが今後の相場を占うカギ。 昨日の欧米株の大幅安を受け、NKも安く始まる。 午後からINDEX買い、先行する先物のバスケット買いで終値はプラス引け。 商社・銀行の切り返しの意義は大きい。
欧米株式の調整に影響を受け反落した始まったが、商社・鉄鋼に下支えられ、後場は切り返す。 今日は、しっかりした動きで小幅安で引ける。 NKダウ18,000円を維持したことの意味は大きい。
何度もトライした終値で18,000円台、今日は達成。 上海株、各国には各国の事情あり。 気にするなと言われながら気にする。米国は無視、日本も少しは、免疫が出来たのか落ち着く。
鉄・海運・商社などを軸に循環物色が続く。 持続できれば上昇の理想的パターン。 買い一巡後は、上海株式市場の下落を片目で気にし、NK225は18,000円を維持せずに終える。 出来高が増えてきたのは相場の強い現れ。 世界株高に追いつくか?
朝の寄りは窓を開けてスタート、NK18000円をつけた後は、揉み合いに終始。 循環物色の上昇は、上げパッターンの基本。 持続できるかどうかが18000円硬めの条件。 
〔上海株式市場〕気にし過ぎ。 昨日の米国株式市場が110ドル高、安心感からNK225は大幅上昇。 明日から名実ともに6月相場入り。日本株式市場の修正本格化は、米国の顔伺い。 証券会社・機関投資家の主体性は見えない。いつまでも外部要因・ヘッジファンド・先物プログラム売買頼み。
海外頼みは、いつものパターン。 欧米株式市場の安定を映し上昇して始まるが、中国株の様子見で下げに転じる。 後場は一段下げ後、こ戻し。 6月入梅前に、株式市場は梅雨明けするのか。
米国市場の落ち着きから買い優勢。 ダメ押しの売り乱しは終え、明日からの6月相場を占う展開。 NK225は100円超の上昇後、揉み合いが続く。 心配していた中国株は安定上昇。 日本市場も上昇したが、勢いに欠ける。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。