世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月相場に向けて足場つくりを試していたところに、梯子を揺さ振られ腰を折られた。 昨夜、元FRB議長のグリーンスパン氏の「中国株はバブル、劇的な収縮があると」との警鐘に大きく反応した。 
中国市場が、どのように反応するのかを見極めたいとの慎重な見方から午前中は売られたが、後場はプラスに転じるなど、NK225は17,700円を挟んでの揉みあいに終始した。 外人が売買できる上海B株は7%の下落だが、A株は落ち着いていた。

日本市場は、商社株が堅調に推移、上昇していたものが目立ち、下値は硬いという見方が多い。

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/101-669fe134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック