世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原油の下落、米国株が5日間続伸という支援材料にもかかわらず、下値が固まったのかどうかの確認が難しく不安定な動きで終始し、結局前日比 52.67円安の17491.42円で終わる。
日柄整理も進み下値不安は薄れているが、日経平均が17,500円回復という目先の達成感もあり、部分的な悪材料がないままヘッジファンドと思われる先物の売り圧力にも押されていた。

今月は企業の決算発表もあり、それまでの幕間つなぎ的な展開で慎重になっており、指標となっている新日鉄しだいという見方も変わっていない。

売買代金が膨らみ17,500円を維持していくのかどうか、又明日夜発表の米国の雇用統計の指標という外部環境も目が離せない。 更に米国の製造指数が予想を下回ったという点も気になる。

〔4月5日の日本市場〕

日経平均 17491.42 -52.67 (大引)
日経平均先物1限月 17530.00  -50.00 (大引)
TOPIX 1720.72  -9.80 (大引)
TOPIX先物1限月 1722.50  -10.50 (大引)
出来高  2,140百万株 (15:02)
総売買代金 2,594,891百万円 (15:02)

〔4月4日のニューヨーク市場〕

NYダウ  12,530.05 +19.75
NY出来高 140,449万株 -15,887万 株
NASDAQ 2,458.69 +8.36

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/12-f2730fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック