世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某IT企業の経営者である友人の「閑話休題」,今日は、〔人格と社格 企業の人格・品位とは〕についてです。⇒ 経営には品質があり、企業には品位というものがあります。企業の品位は社格という言葉で表現されます。 人に人格があるように、企業には社格があるのです。企業を法人と言った場合は、法人の品位は人格と言う言葉で表現されます。

ヤマト運輸の元会長小倉昌男氏は「企業活動はすべて人と人との関係である」「どんなに特別なスキルよりも、その人間関係をつくる能力、つまり人柄のよさが、ビジネスでは大きな力を発揮するのである」「個人の人格に当たる会社の人格のことを社格と呼び、社格の高い低いは、お金を払ってくださるお客様との関係がうまくいっているかどうかだ」と言っています。

(チケット)ぴあの代表取締役会長兼社長矢内廣氏は、ぴあの理念を「ひとりの人間の人格は蛇行しながら前へ進んで行き、そしてその蛇行の軌跡こそが人生なのです。 同様に、人格を持った人間の集団である企業(会社)にあっても、社格というものがあってもよいのではないでしょうか、というよりあるべきなのではないでしょうか。 企業にとってもバランスを取り、蛇行前進しながら大きな発展を遂げることを、ぴあの理念としたいと思います。」と言われています。

今日、会社のCSR(Corporate Social Responsibility =企業の社会的責任)が問題となっており、企業の、法的責任、経済的責任、倫理的責任、貢献的責任、環境的責任などが強く問われていています。 CSRが全うされている会社は、社格の高い会社であると言えます。 社格に対する自制心がなくなった会社がスキャンダルを起しているといえます。

企業経営には、お客さま満足度を得ているかどうかが最も重要な判断指標となりますが、CSの高い会社は、社格のしっかりしている信頼できる会社であると言えます。

日本電産の永守重信社長は、「M&Aの対象となった企業は、その工場に一歩足を踏み入れただけで分かる」と豪語しています。 「フロアーが汚れ、工具やねじなどの部品が散乱ししている」のが共通の状況だと言っています。これも会社の社格に関わるお話です。

「格」の意味は、「正しい意」であり、①その社会における資格・地位・等級などの順位、②その社会でよしとされる決まったやり方を意味すると辞書にあります。言葉としては、資格、品格、風格、格調、昇格、降格、合格、失格、規格、定格、同格、破格、格言、価格、厳格、主格、性格、別格などなどです。

社格は、どのようにして形成されるのでしょうか。
社長の人格・品位がその企業の社格を決めていく、との見方があります。その通りであると考えています。

会社は、人の集団なので、一人一人の人格・品位の集まりが社格として現れると私は思います。 社長も、役員も、経営幹部も、一人一人の社員も社格形成の重要な要素となります。

電話応対の仕方、挨拶の仕方、手紙の出し方、名刺の交換の仕方など、日常のちょっとしたビジネスマナーがその人の評価だけではなく、ひいてはその会社の評価につながる事例を日常沢山経験します。 一人一人の対応の仕方一つで、その会社の信用というものが生まれてくるのです。

私達は、品格・人格・社格を高め、お客様の信頼と満足を勝ち取っていく必要があります。お客さまが「ありがとう」と感謝の気持ちを抱いてくれるような、高い社格を目指す必要があります。

△△△の社格を高めるために、△△△に相応しい、私を含めた、個人の人生や生き方や日常の行動を目指す必要があります。社員一人一人のビジネスパーソンとしての品位を意識したスキルアップが必要になります。

さあ一人一人の、人を思いやる心、折り目正しい礼儀作法、仕事へのあくなき情熱、お客さまへの感謝の気持ち、まわりの整理整頓などなど品位と言われる事項に十分の目配りをしながら、△△△の社格はすばらしいと言っていただける会社に意識をして持って行きましょう。

【自然人のコメント】
今の若い世代は摩擦を嫌い、緊張を嫌う傾向が強い。人間関係の濃い会社社会で『『自己開示』をしないままうまくやっていけるのだろうか?『人格と社格』の意味を理解できるのだろうか?あなたの会社の社格や品格は!

Yahoo My Blogでは、毎日賑やかに沢山のコメントが入っています。是非覗いて下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/tdotped9096007

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/120-3036ffb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。