世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tantakatan-logo1.jpg

吾輩は〔しそ焼酎〕である。名前もある〔タンタカタ~ン?〕である。
どこで生れたかは見当がつく。 何でも澄み切った空気、豊かな山河で優雅に育てられていた事だけは記憶している。 しかも、あとで聞くと、それは焼酎というお酒の中で一番清々しく風味があるそうだ。

吾輩は、この〔新宿シダックス〕というカラオケのお店で始めて人間というものを見た。
この人間というのは、時々我々をグラスに入れて湯や水で割って飲むという話である。
しかしその当時は、何という考もなかったから、別段楽しいとも思わなかった。
ただお客の掌に載せられてスーと持ち上げられ、何だかゴクゴクと飲み込まれていた感じばかりである。掌の上で少し落ちついてお客の顔を見たのが、いわゆる人間というものの
見始であろう。
〔夏〕が近づき〔目〕に緑葉、漱(そう)石(せき)込む、我輩である。


Dotpedという〔粋〕な奴とその仲間20人位がやって来た。▲高校同期会友人の退院祝いだと言う。
良く見ると、退院した当人〔友を見舞うの主人公〕が見当たらない。まだ外出は出来ないという。
それで良いのだそうだ。 飲み会のテーマや理由は適当で月一のペースらしい。

皆が席に着くと、あっちで〔タンタカタ~ン〕こっちで〔タンタカタ~ン〕ムツ!これは新しい踊りか?
今度は〔お湯〕だ〔水〕だと言い出す。 何と、それら〔湯水で我輩を割る!〕のだという。
折角美味しい我輩をお湯や水で割るのか、大変疑問になり、少し酔いが醒めかかった。

後からDotpedの解説でわかったことだが、焼酎と湯水が馴染んで、飲む時に比べ物にならないくらい円やか美味しくなるそうである。
焼酎も一手間暇かけると更に格段と美味しく飲めるらしい。
好き好きだが、飲み方にも色々あるようである。

①前もって割っておくので「前割り焼酎」。
通の人には喜ばれる。焼酎と水が1:1に割られた状態で、1週間以上保管する。多くの乙類の焼酎は25度なので半分の12.5度となるが好みで調節。
②温めるなら徳利に入れて湯煎して飲む。
③一般的な方法で、焼酎に湯や水を足して飲む。
「知っている人は知っている、知らない人は知らない。」Dotpedが言い出した。少し酔いが回ってきたのだろう。

Dotpedは、彼の左隣に座った〔粋〕で素敵な女性と話を始めた。お互いに初めて言葉を交わしたそうだ。彼女は、Dotpedの〔日本武尊〕に似た横顔を見て、その豊かな黒髪がクリクリしていることに気がつき、天然パーマでとても良いと言う。 

我輩は、いつも酔いっぱなしなので、〔天然パー〕と聞こえた。
少し気の毒に思いながら、ついつい彼の顔をジロジロとグラスの中から見ていた。
我輩には、若かりし頃の〔松本清張〕とクリちゃんを足して2で割ったような奴と見える。
クリクリした天然の髪の毛と情熱的で噛み締めた厚い唇に類似点がある。
良く見るとカルテイエの眼鏡をかけている。眼鏡をはずした顔を横から見たが、少し堀が深い。
(松本清張:推理小説『点と線』『眼の壁』などのベストセラー作家)

彼の右に座った、貫禄のいい奴は化学・石油・電力・電子・医療・機械事業関連等々を扱う会社で、技術系に強く、話は専門的なのでDotpedには難しく、彼に話を合わせて世界経済や株式市場動向などで盛り上がっていた。 

その右隣に座った某会社の経営者は、拡大する中国市場やアジア経済について熱く語っていた。
フムフム、なかなか中味のある会話のようであるうが、一年中酔いっぱなしの我輩にはチンプンカンプンである。
 
やがてカラオケタイムが始まった。
まず最初に手を挙げたのでは、○○航空のジョーである。
〔さぁーさぁーさぁっ!〕とふるさとの歌を二曲続けて、関東一円に聞こえる歌である。
彼は皆が乗り易いように、一番手を務めたのである。流石、同期会の当番幹事長である。
それとも、本番10月同期会の予行演習?

お酒の飲めない隣の彼女は、今井美樹のSURPRISE? PROUDE?そうそうPRIDEを〔清く〕〔正しく〕澄んだ声で歌っていた。
Dotpedは、暫く歌っていないらしく軽く演歌で発声練習、本命の歌は時間切れで歌えず仕舞い。

アメリカ帰りの無名のミュージシャン(失礼!)初めて会ったが何故か懐かしい。
彼とそのバンドが10月に演奏してくれるそうである。
是非、我輩も参加し聴いてみたいものである。幹事長に我輩をメニューに入れるようDotpedに頼んでみる。

彼等・彼女達の賑やかで楽しい集い、すでに3時間半になる。 やがて、この会を趣味と生きがいとしていると誉められた!?〔仕切り屋さん〕の〆の挨拶だ。

ところで、Dotpedは、先ほどからビールとウイスキーばかりで、我輩を無視しているではないか!
それで、良く我輩をブログに載せる気になったものだな。 何、もう酔っ払ってしまっただと!
仕方のない奴だ、それでは自己紹介といこう。
Dotpedよ、ブログのテーマが決まったではないか。少しは、我輩に感謝し今度はもっと仲良くやろう。

我輩の本当の名は〔鍛高譚〕(たんたかたん)である。

【生い立ち】町民(鍛高在住)が、白糠町の特産品として自家栽培の「しそ」を原料の焼酎である。

【名前の由来】タンタカ(鍛高)は原材料である紫蘇の産地。 「タン」はアイヌ語の(譚)かたる・はなすの意味。 〔タンタカ〕という魚が、濁った海に住む病の仲間を救うため、川を上り紫の草の葉を探す旅に出かけ、森の動物が手助けし、その葉を川に落としてくれたという話。 紫の葉のある山を〔タンタカ山〕と名ずけた。

【製法】しそとデーツ(ナツメヤシ)を混ぜて発酵させ蒸留で、合同酒精の特許。 色については、酒税法上焼酎は着色できないので無色透明。 商品・物語参照 http://www.tantakatan.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/137-ee3a1d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。