世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15677.jpg

写真はアフリカ大陸の東南に隣接している不思議な島〔マダガスカル〕の〔バオバブ〕。
島の住人であるキツネザルや,もう一種類の森の住人、日本でも人気のあるシファカ等々。
これらが住む森が砂漠化、20年前から緑化に励んでいる日本人が、TVで紹介されたのは、つい2,3日前。
しかし、緑化運動と砂漠化防止対策を同一視して論ずるには、色々問題があります。
日本の美しい森〔富良野〕世界の美しい森〔屋久島〕が消滅!
地球上の砂漠は、毎年600万ヘクタールの規模で拡大を続けている。

地球から緑の大地が無くなるまで、あと68万2161日です。(7月12日午前0時00分現在)
世界の砂漠の面積はおよそ37兆163億968万㎡(7月12日午前0時00分現在)

http://www.csr.gr.jp/~chiiki/counter/sabaku.htm 〔緑の大地が無くなるまでの日〕〕


地球の砂漠化は、地球の温暖化気候による影響だけではなく、熱帯雨林の過剰な伐採、家畜の過放牧や過剰な焼畑農業など土地荒廃現象は人間の活動に伴う要素が大きいといわれています。

中国やインドなどでは、新たな農地を確保する為に森林を伐採し、土地を切り開き栄養分が失われた土地はどんどん痩せ、砂漠となっていきます。そこの人々は、新たな土地を求めて森を切り開き焼畑農業など推進し、更に砂漠化が広がっています。

発展途上国では急増する人口により食料不足が深刻化、農業栽培する土地が砂漠化となり不毛の土地が激減、食料不足の深刻化は悪循環を繰り返しています。

それでも、先進国など経済的に潤い余裕のある国では、農業を営む人々を援助し細った栄養分の土地を休ませる為、耕作を中止させたりしました。更に、農地に風雨の侵食などを防ぐため、農道脇道に木を植えてたり、土壌の栄養分を保ったりしています。

中国、インドやアフリカなどでは、栄養不足となった土地を休ませた方がいい事はわかっている。
しかし、深刻な食料不足の為、耕作し続けざるをえない状況です。

砂漠化対処条約が採択されて10年以上経過していますが、下段5月16日のブログ〔怒り〕欄で、
触れたように、私同様に竹内和彦氏も「会議は踊る、されど進まず」と感じているようです。

詳しい砂漠化の現状・日本の取り組みや政府の砂漠化対策など以下Webをご参考下さい。

世界の黄砂の現状と砂漠化対策 
http://www.enviroasia.info/news/news_detail.php3/K06061501J
環境省〔森林・砂漠化対策〕
http://www.env.go.jp/earth/shinrin/

砂漠化と日本〔東京大学アジア生物資源環境研究員〕竹内和彦氏のブログ
http://eco.goo.ne.jp/business/csr/global/clm13.html

〔マダガスカル
〕マダガスカル共和国。アフリカの東南、インド洋上の島国。長さ約1,570km、最大幅約580kmの
世界第4位の大きさを持つマダガスカル島を主体としている。首都は、アンタナナリボ。

〔バオバブ〕 サン・テクジュベリの「星の王子さま」に出てくる木。 アフリカ、マダガスカル、オーストラリアの  サバンナ地帯に多く分布。高さは約20メートル、径は約10メートル。 果実や新芽は食用にもなり,アフリカでは大変有用な木。

〔地球の砂漠化〕緑の大地が無くなる日まで、あと何日!!
5月16日(水))掲載。

68万2218日です。(5月16日午前7時30分現在)

数年前、知り合いである北京からきた女子留学生に『中国で、日本には絶対無いものを一つ挙げる
としたら何か』と聞いたことがありました。 即座に『万里の長城』と答えてくれました。 

同じ質問を、アメリカ人に問うと『グランドキャニオン』と誇らしげに答えてくれました。 
アフリカの知人・友人はいないので聞くことができなかったので残念ですが『砂漠』と答えてくれた
のではないかと、当時は大変興味がありました。

国連環境計画(UNEP)によると、世界の砂漠の面積はおよそ37兆70億4000万㎡(5月16日午前7時30分現在)、その砂漠が、九州と四国をあわせた面積とほぼ同じ6万平方キロメートルが、毎年砂漠化していると言われています。

① 地球の表面積は5.1億平方キロメートル。
② 陸地はわずか29%の1.49億平方キロメートル。 
③ 年間降水量が200mm以下の場所と定義される「砂漠」は、そのさらに約30%にあたる3,660万平方
キロメートル。
④ 「現在の砂漠面積」と「緑の大地が無くなるまでの日」をリアルタイムで表示。 http://www.csr.gr.jp/~chiiki/counter/sabaku.htm

〔怒り〕地球温暖化・環境問題の数々の国際会議で、自国に都合の良い言い分・悪い言い分を述べ合い、悪戯に時間を延ばしている場合ではないことを、もっと深刻に認識すべきです。 
素人のような政界議員の政や、議論の為の議論が好きな学者の集まりでは、早期対策の実施は難しい状況、地球は正に待ったなしと言っているのですが! 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/140-851a1465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。