世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔温家宝首相来日〕天皇陛下と皇居・宮殿で懇談、創価学会の名誉会長池田大作と会談、国会演説等々、マスコミ報道や雑誌のコメントも一応歓迎ムード。 中国は、公害・省エネルギーなど環境技術の導入と資金援助、日本企業の投資再拡大等々、欲しいものは要求し手に入れた。

一方、『日本と台湾に向けて1000基以上のミサイルを配備し、その脅威を背景に東シナ海の石油・ガス資源侵奪、宇宙衛星破壊、独自の「大陸棚」の論旨を沖縄周辺にまで広げている等々の問題』、日本の実質的収穫は?
 
そこで、思い出すのは中国の兵法書〔六韜〕・・・周の文王が尋ねました。 『武力を用いず知恵によって相手の国を倒す十二の方法とは、どのようなものか?』 呂尚は答えました。・・・ 
第一には、相手が喜ぶことをし油断させることです。 一時的に喜ぶような贈り物をし こちらの 侵略の意思を隠し脅威を取り除けます。

第二には、 相手国の君主の信頼する忠臣を手なずけて、君主と権力を分散させます。

第三には、 相手国の君主の臣下に賄賂を贈り、しっかりとかれらの心をとらえ親しくつきあい、こちら側のために働くように仕向けなさい。

第四には、 相手国の君主や臣下に美女や金銭を贈り、堕落させるように仕向けなさい。やがて相手はこちらに逆らわないになり、悪だくみも上手くいきます 。

第五には、 交渉の為に隣国から有能な忠臣がやって来たならば、長く引き止めて、謁見しないで無為な時間を過ごさせよ。 もしその者が無能ならば大いに与え歓待し成果を与えよ。 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な忠臣が失脚する。 そしてやがては滅ぶ 。

第六には、外国に滞在する相手国の臣下を手なずけ、臣下の間に相互不信の間隙を作り出しなさい。 国の内部にまで外国の手がまわっているような国は、滅びていきます。

第七には、 相手国の忠臣へ手厚い賄賂を贈り、利益で釣って職責を怠るように仕向けるのです。

第八には、一人でも多くの相手国の臣下に賄賂を贈り、儲かるようにし、わが国に協力し働くよう仕向けるのです。 これを『親交を重ねる』と言います。

第九には、 相手国の名誉を称賛し、尊重するかのように振る舞い、友好国であるかのように錯覚させるのです。

第十には、 両国が運命共同体であるかのように装い親密な関係を作ります。 その間に 密かにこちらのために働く人間を増やし、時がくるのをまちます。

第十一には、 わが国の為に働いてくれる相手国の臣下には 十分に報いるのです。 わが方に肩入れする人間を増やすのです。

第十二には、相手国の不忠な臣下を手なずけて、君主が堕落するように仕向けるのです。 美女や歌舞団を送って、関心をそちらに向け、のめりこませるのです。

現在に通じる戦略、日本外交は如何に修得しているのかな!

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 文字色
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/12(水) 03:42 | | #[ 編集]
コメント有難うございます。

現在でも、日本は、ある意味で米国の植民地或いは属国という状況かもしれません。 ある意味というのは、自然科学的ではなく過去の日本人達が、必然性を装い或いは発生的に行った戦争・敗戦という歴史のことです。 未来、日本は更なる新たな道を辿るのか? それが、因果応報かもしれませんね。 

今後とも、よろしくお願いします。

2007/04/15(日) 08:24 | URL | Ted #8CW2ODk.[ 編集]
 因果応報というものがあります。

 将来日本は植民地になる恐れがあると考えております。未だに反日感情は強く根付いております。今、あの大国が経済で躓いた時がその時になる危険があります。
2007/04/14(土) 20:33 | URL | はちみつ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/28-e7e76c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。