世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国気象局の専門家は、ここ数年、庶民生活に害をもたらしている「沙塵暴」、つまり大型の砂嵐は、近代や現代に発生したものではなく、今から7000万年前に発生したもので、今はその活発期にあることを明らかにしました。
更に、中国気象局の専門家は、「この砂嵐は7000万年前の白亜紀時代に発生したもので、21世紀に入ってからは、その発生率が1990年代より明らかに高くなった」と語りました。 「中国国際放送局 日本語部」より2007年4月16日

An Inconvenient Truth:砂嵐の発生起源を語るが、発生率が高くなった原因となる自然災害や人為的な環境破壊について深く語らないのは、何か「不都合な真実」の背景と似ているような気もする。 リンク先のVideo「不都合な真実-予告編-」も参照下さい。

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/40-2f8dfdd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック