世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
英国は、気象変化により世界規模で食料不足、水の供給及び土地の安全に対する大きな脅威が、新たなる」武力紛争を起こすと予測する厳しいメッセージを述べ、国連でほとんど乗り気のない加盟国に警告。 【The Guardian】英国紙18日を要約すると・・・ 
その会議は、「問題が国際平和を維持する安全保障会議の権限外にある」と主張するインドや中国のような国々から批判があるにもかかわらず召集されました。

☆ フォーラムの中で、英国ベケット議長は「これは、全体の惑星の平和および安全保障を脅かす問題で、それについて討議すべき適切な場所でなければなりません。」「それは、狭い国家安全保障の問題ではありません。 気候変動は、安全保障問題ですが、新しい尺度を持っています。」「これは壊れやすくて、ますます互いに依存している世界の集団安全保障に関するものです。」

又、地球温暖化が「貧乏人に対する金持ちによる攻撃性の行為」であるとウガンダのムセベニ大統領の意見を引用、意見を述べる。

☆ アメリカ当局は、問題に対処しているフォーラムがすでにあり、安全エネルギー源の欠如が「経済で政治問題を悪化させることがある」と認めました。 アメリカは、よりきれいなエネルギーと燃料効率を進め問題に取り組んでいると述べる。

☆ 氾濫と気候変動により影響されやすいモルディヴ、バングラデシュと他の低地の国は、より多くの行動のために先進工業国に嘆願。

☆ この11月、スターン報告は、2億人が上る海面と干ばつによって2050年までに追い出されると示唆しました。それは、グローバル経済が5分の1縮むことによって阻止できると言い、 米国を非難。 更に、2002年、オサマビンラディンさえ、「貴方の産業廃棄物とガスで、歴史のあるどんな国でも自然を害する」と述べる。

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/42-d3a704af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック