世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWを如何お過ごしでしょうか?  某IT企業の経営者である友人の〔閑話休題〕、今日は端午の節句についてです。 ⇒ 5月5日は、端午の節句です。 菖蒲の節句男の子の節句子供の日とも言われます。 私の子供時代は、七・五・三の祝いも含め、余りおおげさな祝いはなかったような気がします。
また、私には男の子供がいないので、縁も少なく端午の節句の由来など関心がなかったのですが、Webをサーフィンした結果、真偽までは調べられませんでしたが、以下の情報を得ました。

すでに十分知っている方も居ることとは思いますが、端午の節句の由来、「ちまき」「菖蒲」「蓬(よもぎ)」「鎧兜」「鯉のぼり」との関係などをお話しし、男子社員のお祝いをさせていただきます。

端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありません。しかし、午(うま:ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになったようです。

歴史的由来を、時代を遡って整理すると以下のようになりそうです。

1. 中国は戦国時代、今から約2300年前の、紀元前278年のこと、楚(そ)の国の高名な詩人、屈原(くつげん)は国王の側近としてつかえ、人々からも慕われていました。しかし陰謀にはまり国を追われることになった屈原は、ついに汨羅(べきら)という川に身を投げてしまった。

楚の国民は、小舟で川に行き、太鼓を打ってその音で魚をおどし、さらに「ちまき」を投げ、屈原の死体を魚が食べないようにしました。
このような由来から、屈原が亡くなった旧暦5月5日の命日に、供養のための祭が行なわれるようになり、やがて中国全体に広がっていきました。
(ここで、端午の節句と、5月5日、「ちまき」が結びつきます)

2.三国志の時代に端午の節句は、魏(ぎ)の国により日本にも伝わって来ました。
そのころの日本では季節の変わり目である旧暦5月の初めに、病気や災厄をさけるため、日本の宮廷でもさまざまな行事が催されていました。 厄よけの「菖蒲」をかざり、皇族や臣下の人たちには「蓬(よもぎ)」などの薬草を配るなどしていました。

平安朝のころから、子供らは「菖蒲」で飾った紙のかぶとをつけ、石合戦などの遊びをしていたそうです。
(ここで、端午の節句と、「菖蒲」「蓬(よもぎ)」が結びつきます)

3.この宮廷での端午の行事は、時が鎌倉時代の武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。 しかし、武士のあいだでは尚武(しょうぶ=武をたっとぶ) の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節句として盛んに祝うようになっていきます。(ここで、端午の節句と、「菖蒲」と、尚武に象徴される「鎧兜」と結びつきます)

4.江戸時代に入ると、旧暦5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、武具をつけて江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や「幟(のぼり)」を立てて祝いました。(ここで、端午の節句と、男の子の節句と結びつきます)

5.やがて、江戸時代の中期には、この風習は武士だけでなく広く一般の人々にまで広まっていきました。はじめは、玄関前に「幟(のぼり)」や「吹き流し」を立てていたものが、やがて厚紙で作った「兜や人形」、また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていきました。

武家の「幟(のぼり)」に対抗して、町人の間では「鯉のぼり」が飾られるようになりました。 鯉はもともと威勢のいい魚で、鯉の滝上りのように、子供が元気に育つようにという願いが「鯉のぼり」にこめられています。
(ここで、端午の節句と「鯉のぼり」が結びつきます)

6.1948年に、5月5日を、「こどもの日」として国民の祝日の一つに定められました。
(ここで、端午の節句と「こどもの日」が結びつきます)

端午の節句には、「柏餅」を食べる風習がありますが、これは、柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があり、そこから「家系が途絶えない」「子孫繁栄」を意味する縁起をかついだもののようです。

以上が調べた結果です。講談師並みの見てきたようなお話しで恐縮です。

旧暦5月(新暦では6月)は、春から夏への季節の変わり目にあたり、疲れが出たり、病気になりやすい頃です。また、稲作文化圏である日本にとって、最重要の田植えが行なわれる時季ですから、これにそなえて十分な鋭気を養っておく必要がありました。
端午の節句には、そんな時季を上手に乗り切る知恵が盛り込まれているようです。

端午の節句にあたり、男子社員の健康を祈ります。また、お子さんをお持ちの方はおめでとうございます。

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/59-a5ec4a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック