世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年は北京オリンピックが開催されるが、その〔聖火が大きく揺らいでいる。 聖火はギリシャ・オリンポス山で太陽から採火され、聖火ランナーによってオリンピック開催地の聖火台に点火され、オリンピックの開催期間中燃え続け、閉会式の最後に消灯される。
伝統的に聖火は足で運ばれるが、北京オリンピック聖火リレーのルートは、ベトナムのホーチミンから台北と香港を経て中国大陸に入る予定となっている。

その聖火リレーのルートについて、台湾は香港へと続く聖火リレーのルートは台湾を自国の領土と主張する中国の考えが反映されているとして拒否し、一部政治家やマスコミは聖火リレーのルート変更が実現しなければ北京オリンピックをボイコットすべきという説が起きている。
 
一方、本日(2日)、現地のマスコミは、台湾の呂秀蓮副総統は、北京オリンピックをボイコットすべきとの一部政治家の主張を一蹴、『聖火リレーのルートとオリンピックのボイコットは別問題であり、台湾選手団のオリンピック不参加はありえない』と強調した。

一時帰国の際に現地新聞の報道で知った日本滞在のある台湾留学生は、この状況を嘆き、成り行きを大変危惧していた。 私は、この中台(台中)問題は、隣国日本の問題でもあると受け止めているが、この歴史の溶解にはまだまだ長い時間がかかりそうだ。

〔聖火〕
古代ギリシア人にとって、火はプロメテウスが神々の元から盗んできたものだと考えられており、神聖なものだった。
 
このため、火はオリンピアの多くの神殿に見られるのである。火はオリンピアにあるヘスティアの祭壇で燃え続けた。 
オリンピック開催期間中は、ゼウスとゼウスの妻ヘラの神殿に火がともされ、ゼウスを称えた。近代オリンピックにおける聖火は、かつてヘラの神殿が建てられていた場所で採火されている。

近代オリンピックでは、1928年まで聖火は見られなかった。 近年では、オリンピックの開会式が行われる数ヶ月前に、古代オリンピックが行われていたギリシアのオリンピアで採火されている。 聖火トーチへは、太陽光線を一点に集中させる凹面鏡に11人の(女優が演じる)巫女がトーチをかざすことで火をつけている。『ウィキペディア』より

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/66-5734d025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。