世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香港ディズニーランドから1800km離れた北京市の遊園地が、園内には「シンデレラ城」「マジック・キングダム」などのレプリカが置かれ、スタッフが顔の歪んだ〔キティーちゃん〕〔ドラえもん〕や〔ミッキー〕もどきの明らかに本物を意識したディズニーキャラクターなどに扮している。 
(1)「ディズニーは遠すぎる、石景山遊園地にいらっしゃい」。 中国の国営遊園地「北京石景山游楽園」ではディズニーキャラクターなどの許可を一切取らず、公式HPにも、「7人の小人」や〔シンデレラ城〕が堂々と写っている。 

米国政府は、中国の著作権侵害を端的に表す例として公表している。 テーマパーク自体もディズニーを模倣し運営、本家とニセモノのクオリティーの違いは明らかに歴然。 

コピー天国と言われている中国だが、これにはさすがに野放しに出来る事態ではないが、日本を訪れている中国人の一部には、『何が悪いの?』という認識しかないという世界常識との間にそうとう大きなギャップがあるのも事実。 これを『大らかな人種』と寛大になっている場合じゃーない。

北京石景山游楽園の公式ホームページ:http://www.bs-amusement-park.com/
のトップにも堂々と「7人の小人」やシンデレラ城が写っている。

(2)中国“国営”遊園地の暴挙にアメリカ政府も激怒。

中国の国営遊園地「北京石景山游楽園」にアメリカ政府は、中国の著作権侵害を端的に表す例として、憤りをあらわにしている。

中国政府は、「海賊版DVD」の取り締まりの効果は出てきているというが、
『国営で、これはひどい話で、こんな国でオリンピックが来年開かれていいのか。』
『1年で国の体質が変わるなんてことはないだろう。』 
という声が聞こえてくる。 今後の「北京石景山游楽園」をめぐる中国とアメリカの動きが注目される。

【参考】

1)石景山遊楽園(せっけいざんゆうらくえん):

中華人民共和国北京市にある国営の遊園地。 多くのオリジナルキャラクターがいる遊園地である。キャラクターの中にはこの園独自のものもあるが、ミッキーマウスやドナルドダックなどのディズニーキャラクターや日本のアニメのキャラクタードラえもんなどによく似たにせものが沢山いる遊園地である。 もっとも、園側の主張は「当園独自のキャラクターで、結果として一部似ているが、決してマネしたわけではない」とのことである。ただし、ディズニーランドなどを「参考」にしたことは否定しないようである。『ウィキペディア』(Wikipedia)

2)北京の遊園地

■北京游楽園 :1987 年に開園した日中合弁の大型遊園地で、乗り物のほとんどが日本製。天壇公園と道路を挟む東側にあり交通の便がよい。アトラクションは大観覧車、絶叫マシー ン、ジェットコースター、ゴーカート等大小20近くあり一日いても飽きない。中でもジェットコースターは2種類あり、2回転するローラーコースター「螺旋 滑行車」と全長410mのロングジェットコースター「世紀之星滑行車」はいずれも人気がある。園内では乗り物以外にも野生動物園、3D映画館などもあり、 ドーム型のステージでは毎日歌や踊りのショーが開催され、他の遊園地にはないパレードやカーニバルも行われている。大人から子供までが楽しめる。

■石景山游楽園:北京市街地の西に位置し、地下鉄八角駅の近くにある「国家AAAA級」の大型遊園地。園内は約30ヘクタールに及び、アトラクションは絶叫マシーン、ジェッ トコースター、空飛ぶカーペット等大小あわせて50近くあり一日中楽しめる。ヨーロッパスタイルを打ち出しているため、シンデレラ城などがあり、園内いたるところで童話の世界が繰り広げられている。「水上世界」は子供用の滑り台を始めとする大小さまざまな滑り台など娯楽施設が設置されたプール。メインは高さ12.5m、長さ50メートル、傾斜角度45度と60度のジェットウォータースライダー。こどもの日や国慶節など祝日には、それに伴った様々なイベント が開催される。

■北京九龍游楽園:北京郊外の十三陵ダムの上に造られた「国家AAAA級」の水上遊園地。北京市内からはバス一本で行くことができるので交通の便はまずまず。アトラクションは 絶叫マシーン、ジェットコースター、ゴーカート、パラシュー等で、周囲は山に囲まれ景色もよく、一日中のんびりと楽しめる。園内にはフードコーナーや中華 レストランもあるので、弁当を持参せずに昼食をとることができる。また、常に多数のイベントが催されており、夏季には花火大会、冬季には寒中水泳大会な ど、その内容も多種多様にわたっている。すぐ近くには避暑地用のコテージもあり、宿泊することも可能。 上海エクスプローラー社編集「エクスプロア北京・天津便利帳」掲載より

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/69-e7bc11e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。