世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月後半、『ロシア政府と経済界が、ベーリング海峡に米露間を結ぶ世界最長となる109kmの海底トンネルのプロジェクト実現に向け動き出した。(ロイター)』と報道されたが、新たに世界最長の〔海底トンネル〕が検討され始めた。 それは・・・
日韓海底トンネンル】で、以前より研究を進めてきた日本側の学界が提示しているルートには以下の3つの案がある。
 
① 日本の九州・佐賀県の唐津-対馬下島-慶尚南道巨済市(209 km)
② 唐津-対馬上島-巨済市(217 km)
③ 唐津-対馬-釜山(231 km)

☆ 工事費は約7兆8000億円~12兆9000億円だが、トンネルの機能性、トンネル数や道路の他鉄道も敷くのかなど未決定で、更なる増額もあり得る。                  
☆ 工事期間は15年から20年の予測だが、更に長期に渡る可能性もある。

韓国海洋大物流システム工学科のパク・チンヒ教授の研究によれば、「海底トンネル建設による潜在成長力の増加は、日本が5%であるのに対し、韓国の場合は9%から150%にも達し、韓国側 の方がはるかに高い」、更に、釜山大都市工学科の鄭憲永(チョン・ホンヨン)教授は「釜山を中心とした韓国東南圏と日本の九州地域が韓日海峡経済圏を形成する可能性が高い」とする意見。
 
それに対して、反対論者等は「韓国側には実益がなく、日本の大陸進出を助けるだけの結果を招く」「われわれは東南に日本という空間を確保するが、日本は韓国を経てユーラシア大陸まで空間が広がり、 空間的バランスが釣り合わない」「海底火山地帯を通過するなど、3つのルートいずれにも事業性がない」などと主張。(参考:朝鮮日報)

【ベーリング海峡トンネル】

ベーリング海峡のトンネル建設構想はおよそ100年前からあった。 帝政ロシア最後の皇帝であるニコライ2世が承認していたが、その後は米ロ冷戦、旧ソ連崩壊やロシア金融危機などで、この建設構想は頓挫したままであった。 ここへ来て、ロシア国家が資源輸出などで経済的に力を付けてきたことにより実現機運が高まってきた。

総工費は20年間 で650億ドル(約7兆7000億円)の大型プロジェクト。 米、露がそれぞれ1/4を出資、残りを民間企業や国際機関から募る計画だが、実現にむけてドイツで6月開催のG8サミットで日本を含む各国政府に働きかけていく方針。

ロシア側は米ロ加3カ国による検討組織の早期立ち上げを目指しているが、「計画の事前調査だけでも2年間、1億2000万ドルの費用を要する」「民間から投資資金を調達できない限り、ロシア当局は資金負担しない」更に「推進には一段の議論が必要」など慎重姿勢を崩していない。 

青函トンネル〕や〔東京湾アクアトンネル〕など世界へ誇る海底トンネル建設技術に実績がある日本の大手ゼネコンは、プロジェクトに参加を打診。 その他、韓国、中国の企業も参加希望を表明している。
 
【参考】 

☆ 青函トンネル:53.85 km(昭和63年開業、海面下240メートル)
☆ 英仏海峡トンネル:50.54 km(3本のトンネルで左右は一方通行、中央は管理用トンネル、鉄道だけが運行)
☆ ベーリング海峡のトンネル:109km
☆ 日韓海底トンネンル:209 km超

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私は、一味加えたり、記事を加工する事がブログ寄稿の目的ではありません。 基本となる記事やテーマは、読み手にそのブログの内容を知ってもらう単なる〔ツール〕です。 更に、海外の旬な出来事、自分の考え方やコメントを付け加える事も必要です。 その内容について、管理者は理解し責任を持って提供しないと、読者からコメントや質問があった時、それにきちんとした対応や返答をするのが困難になります。 以上は、管理者のポリシーでありマナーだと、私は考えます。 もちろん、言いたいことを言うだけという、勝手ブログもありです。 そこで、自分なりのブログ世界の輪が広がったり、狭くなったりするのだと思います。〔お気に入り〕の中のYahoo My Blogから私のページへ入り、そこで展開される、読者の意見やコメントの反応は、大いに参考になると考えます。 以上
2007/05/16(水) 22:21 | URL | Dotped #8CW2ODk.[ 編集]
僕も「一味加えて」でニュースや話題をコラムしてます。

2007/05/13(日) 11:10 | URL | koquim48 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/81-591b8d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。