世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某IT企業の経営者である友人の「閑話休題」、今日は、いろいろな〔違いの話〕や〔順序の話〕です。
〔アメリカと日本の日常行為で違っているお話を二つします。〕

①指を使った数の勘定の方法。
日本人は一般的に、一は親指を折る、二は続けて人差し指を折ると計算します。アメリカの一般は、まず手を握って拳を作ります、それから親指を立てて一、次に人差し指を立てて二と計算します。

②お釣りの計算方法。
日本人の一般は、お客が出した金額から商品代を引き、残りをお釣りとしてレジから出し客に渡します。アメリカの一般(一部?)は、お客の出したお金を横に置き、商品の値段にレジからのお金を足して行きます、商品代とレジから出したお金との合計が客の出した金額になると止めます。このときレジから出したお金がお釣りとなりますのでお客にお釣りとして渡します。

自然と人間の関わりに関する西洋と日本の違いの一面をお話しします。〕

西洋画と日本画の違いは、西洋画は人の中に自然を描くけれども、日本画は自然の中に人を描く。 また、生活においても、西洋は自然を克服するのに対して、東洋では自然と調和するという違いがあります。

最近「木を見る西洋人、森を見る東洋人」という翻訳本が出ております。(私はまだ1/3読了の段階)この本では、西洋人は個々単体やその構成要素に考えが入っていくが、東洋人は全体の環境や状況から個々を判断するということを言わんとしているようです。

〔紅茶のいれ方の違いをお話しします。〕
昔サマセットモームの短編週の中に、「イギリス人は議論好きであり、ミルク紅茶を淹れるとき、紅茶が先かミルクが先かの論争を楽しみながら、数杯の紅茶を飲みながら、4、5時間は親しい仲間と語り合える」と書かれていたことを思い出しました。

〔焼酎の作り方の違いをお話しします。〕

過日のアフターファイブで、お湯割り焼酎を作るとき、先にお湯を入れてそれから焼酎を入れるか、先に焼酎をいれそれにお湯を足すかとの話しになりました。

先にお湯理論では、お湯を入れてから焼酎を注ぐと自然に対流が起きお湯と焼酎が拡散され、マドラでかき回す必要がないというのがその論拠でした。 先焼酎方式では、冷たい焼酎は下に滞留してしまい、人間がかき混ぜないとならなくなるというのです。(すなわち、“たいりゅう”(対流)と“たいりゅう”(滞留)の問題である)。

たいりゅうの話しで、同じ発音でも解釈が違ってくる話しに入ってしまいましたので、〔聞こえてきた単語に対する理解の違いをお話しします。〕

①“とうそう”と言う発音があったとき、私は、「闘争」と聞こえます。まず、「闘争」して、人知を尽くしても駄目なら「逃走」します。

②“そうぞう”と言う発音があったとき、私は、創造と聞こえます。どうもこれは私の間違いのようです。想像がないと創造はできないわけですから、常に想像であった方が望ましいようです。新規開発部門では、想像が先でありその後に創造がきます。

〔仕事が先か給料が先かは、間違いなく仕事が先であると思います。〕

「会社の方針が良ければ僕たちは良くなる、僕たちが良くならないのは会社の方針が悪い。」は、正しいか? 僕たちが良くしようと声を出さないから会社の方針は良くならないのかもしれません。

Give & Take 、つまり、相手の期待を満足させることを通して自分の目的を達成する、CS(顧客満足)をギブすることにより継続したお付き合いをテイク出来ても、継続したお付き合いしたからといって、顧客満足をテイクは出来ないと私は考えます。

Give & Takeか Take & Giveか、これは、愛するために愛されたいか、愛されるために愛するかの議論と一緒です。私はGive & Takeこそが真実の愛情が得られる唯一の道だと思います。

○○○の経営コンセプトは、Bold、With Passion、Be Trustedです。この三つには順序があります。先ず、計画や目論見をBold(大胆・果敢・骨太)に作ります。 設定した計画や目論見をWith Passion(熱意を持って、情熱的に、一生懸命)に実行します。その結果、お客さまの評価を獲得し、Be Trsuted(信頼される)になります。

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/84-fcf12aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。