世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは、来年開催予定の北京オリンピックの次の開催地、2012年開催されるロンドン・オリンピック〕について、ロンドン・ヘラルド社スポーツ新聞通信記者Denis Campbell(ドニ・キャンベル)が13日(日)に語った内容です。 
この研究は2012のオリンピックゲームのインパクトには大変懐疑的です。『2012年のロンドン・オリンピックが仕事、観光旅行およびスポーツ参加でブームを作るだろうという保証は、恐らく実現されそうにはありません』と首都の政治指導者によって委任された報告書は警告しています。 

ロンドン議会のために準備された報告書によると、(オリンピック)行事は、5万の仕事をもたらすだろうという約束であり(大規模で手頃な新しい住宅供給、また、オリンピックゲームが行われるロンドン東部の小企業の契約)の実行は非常に難しいことが分かるでしょう。

過去4つの都市によって経験された、世界で最も大きなスポーツ競技を招待したオリンピックの利点を調べたアカデミー会員(アテネ、シドニー、アトランタ、およびバルセロナ)は、ロンドンが、オリンピックパークの地域の周りの(ハクニー、タワーハムレッツおよびニューアムを含む イギリスで最も貧しいと格付けする場所) 自治区を作り直す計画を含んでいて、その非常に吹聴された野心を実現するために、ロンドンがそれを一生懸命探すであろうと結論づけています。

その報告書から、2012年ロンドンで失業にどんな重大な違いが生じようと、努力するかもしれないことが分かりました。 「長期失業者と失業状態の共同体は、4都市の各々のゲーム開催ではほとんど影響を受けなかったからです。」

イアン・マックリリー博士によって共同執筆されたレポートには『雇用の多くが一時的でした』また、『それほどボランティアのポスト・ゲーム経済に転送された技術の証拠がほとんどありませんでした』と書かれています。

『ギリシアは、実際に、2004年のゲーム後の3カ月で7万の仕事を失いました、ほとんど建設業です。 しかしながら、2000年のシドニーと1992年のバルセロナは、会社移動から仕事と対内投資における何らかの成長を楽しみました。』

著者は、東ロンドン大学のロンドン東研究所から、2012年のゲーム立案者が、残すことを望んでいる遺産の9つの領域を分析しました。 

それらは、ロンドンが雇用、スポーツ参加、技能、観光旅行および障害認識の目標を達成するために、それが「非常に挑戦的であろう」と結論を付けています。 都市再開発、環境および経済の目的は「挑戦的」ですが、その一方で住民参加計画だけが「実現可能である」と考えられています。

スポーツをしている人々の数における革命(2005年の国際オリンピック委員会への勝利へのピッチの主要な要素) は、恐らくは起こりそうにはありませんと報告書は述べています。

開催都市が、いつも競技の存在が参加を押し上げるだろうと主張していますが、そのような事は続くものではありません。 ニール・コールマン(ロンドン市長ケン・リビングストンのオリンピック・チーフ)の記述は、2012年の英国のスポーツ選手のために1つの「与えられた」高いメダル取得は、オリンピックの当局から「自己満足」の証拠としてスポーツ参加を押し上げるでしょう。

2012年のために造られたスポーツ開催地は、その使用後が適切であるかなしで〔白象〕になりえます。 研究された4つの都市のうちのいくつかの中で起こったこととして、著者は指摘します。 20億ポンドブームを楽しむために予測された観光旅行は実際に傾くかもしれません。

5つの政党すべてのメンバーが、2012年のリーダーの修辞学と有望な現実の間にありそうなギャップに対する言葉に懸念を表わした後、ロンドン会議は報告書を求めました。 
ディー・ドーシー(オリンピックをモニターする議会委員会の自由民主党員議員)は、次のように言いました:「この報告書はオリンピック当局のための現実的直視です。 

それは、前のゲームに関して野心が実現されていないことを示します。 オリンピックを入札する際、大きく大胆な誓約をするのは常に簡単ですが、それらを実現するのにより困難です。」

ドーシーは、オリンピック公園エリアで地域に造られる、30,000-40,000の新しい居住はわずかで地元住民に供給されず、又、地元企業がオリンピックに備えて提示中の多くの大口契約を共有しなかったという、懸念を言葉に表しました。

文化、メディアおよびスポーツ部のスポークスマン(オリンピックを監視)は、次のように言いました:「2012年のオリンピック・パラリンピックのゲームは、英国の全体にわたる人々に著しい利点を残す可能性を持っています。 しかしながら、私たちは、これらの利点がもとにころがり込まないと常に言いました。 私たちはそれを起こらせるために一生懸命働かなければなりません。 また、それはまさに私たちが既に行っていることですが更に続けるでしょう。

「ゲームがロンドンと英国に持続可能な財産を残すだろうということを保証することは、ロンドンのオリンピックのプログラムのための基本の目的のうちの1つです。」


【注】この内容は、英国ヘラルド紙を翻訳したものです。 特に時間の都合上、内容に誤訳などあるかもしれませんが、悪しからず・・・ オリンピックも、巨大ゲーム・イベントの影に隠れた経済効果を狙うものですが、禍根を残さぬように願いたいものです
 

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご訪問ありがとうございました。
はじめたばかりですが、よろしくお願いします。
2007/05/16(水) 00:29 | URL | 黒糖ワラビー #-[ 編集]
ご訪問♪有難う御座いました。
実はご訪問頂いた(http://blythelet.blog27.fc2.com/)は今月(五月度末)で閉鎖し以下へ引越します。
既に途中まで引越し作業が終わっておりますので、良かったら遊びにいらして下さいね。
2007/05/15(火) 21:02 | URL | Riko♪ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/85-8f102ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。