世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
68万2218日です。
数年前、知り合いである北京からきた女子留学生に『中国で、日本には絶対無いものを一つ挙げるとしたら何か』と聞いたことがありました。 即座に『万里の長城』と答えてくれました。 同じ質問を ⇒
同じ質問をアメリカ人に問うと『グランドキャニオン』と誇らしげに答えてくれました。 アフリカの知人・友人はいないので聞くことができなかったので残念ですが『砂漠』と答えてくれたのではないかと、当時は大変興味がありました。

国連環境計画(UNEP)によると、世界の砂漠の面積はおよそ37兆70億4000万㎡(5月16日午前7時30分現在)、その砂漠が、九州と四国をあわせた面積とほぼ同じ6万平方キロメートルが、毎年砂漠化していると言われています。

① 地球の表面積は5.1億平方キロメートル。
② 陸地はわずか29%の1.49億平方キロメートル。 
③ 年間降水量が200mm以下の場所と定義される「砂漠」は、そのさらに約30%にあたる3,660万平方キロメートル。
④ 「現在の砂漠面積」と「緑の大地が無くなるまでの日」をリアルタイムで表示。 http://www.csr.gr.jp/~chiiki/counter/sabaku.htm

怒り地球温暖化・環境問題の数々の国際会議で、自国に都合の良い言い分・悪い言い分を述べ合い、悪戯に時間を延ばしている場合ではないことを、もっと深刻に認識すべきです。 素人のような政界議員の政や、議論の為の議論が好きな学者の集まりでは、早期対策の実施は難しい状況、地球は正に待ったなしと言っているのですが!

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/86-5235e97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。