世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝方は、反発して始まり17,500円を回復。 買い一巡後、高値圏で揉みあうと、先物の売り乱しが始まり下げに転じるが、後場大きく戻しNK225終値は17556.87円。 上値を買っていくエネルギーには乏しいが下値も堅く、所謂ボックス相場。 デイトレイダーには、ある意味わかり易く、一般投資家にはリスクが大きい難しい相場動向。
先週、人民元の変動幅の変更や金利引き上げ等があり、上海市場は3%安く始まったが、その後上昇継続。 今朝の中国市場動向待ちという見方もあったが、安心感から日本市場も後場になって上昇。
 
日本のGDPの成長率が2.4%であるのに対して米国は1.3%。 米国株式市場は、調整日を入れながら連日の高値更新を続けているが、日本は、相変わらず先物に左右され、強さが見られない。 

なかなか本格的な上昇に転換しない理由に、外人の買い上がりのエネルギー不足がある。 彼らも、本当に日本市場が出遅れていると考えているのか、或いは日本の金融市場に大きな問題や欠点がないのか、じっくり検証してみる必要がある。

このブログで何かを感じましたら,以下2つをクリックしていただけると幸いです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dotped.blog98.fc2.com/tb.php/95-ba9cb2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック