世界の旬な出来事を語り、NK225と市場動向を午後3時過ぎ発表。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、大幅に下げがなかった分のつけか、17,500円を割り込む。 国内は、消費停滞と企業在庫調整が不十分か、株は外人頼み。 NY株式は、90ドル上昇して始まった後、インフレ懸念で長期金利が上がり、80ドル以上の大幅な下げ。 心理的には、中国株の下落心配もあったが、当の中国市場はしっかりプラスで維持。
6月相場に向けて足場つくりを試していたところに、梯子を揺さ振られ腰を折られた。 昨夜、元FRB議長のグリーンスパン氏の「中国株はバブル、劇的な収縮があると」との警鐘に大きく反応した。 
[本日の株式市場動向:NK225は 8.15円安 ]の続きを読む
NK225は、午前中は業種・銘柄を選定しながら売買高を伴ってメガバンク株を中心に続伸。 世界同時株高に同調気運、修正に入った印象があったが、後場は上げ一服、上げ幅を縮小。
[本日の株式市場動向:NK225は25.07円高]の続きを読む
6月相場の準備か、銀行株が大幅高、又ITの中でもSONYの続伸が目立つ。 今日は、一部のセクターに集中するのではなく、売り物をこなして全体が買い優勢で上昇、理想の上げパターン。 継続するか否かが鍵。
[本日の株式市場動向:NK225は123.18円高]の続きを読む
朝方は、反発して始まり17,500円を回復。 買い一巡後、高値圏で揉みあうと、先物の売り乱しが始まり下げに転じるが、後場大きく戻しNK225終値は17556.87円。 上値を買っていくエネルギーには乏しいが下値も堅く、所謂ボックス相場。 デイトレイダーには、ある意味わかり易く、一般投資家にはリスクが大きい難しい相場動向。
[本日の株式市場動向:NK225は157.29円高]の続きを読む
昨日、NK225が17,500円を割った事で下値の目途がつけにくく、下げても押し目買いが入らず、逆に売りが嵩みジリジリと下げ、後場は一段安、安値圏で推移、膠着状況が続く。
[本日の株式市場動向:NK225は99.02円安]の続きを読む
海外高であっても、GDPが予想の範囲内でも、日銀金融政策待ちなのか、上昇し高値圏で張り付くと、それ以上の上値を買う勢いが無くなり、下げに転じる。 今は17500円近辺が居心地良いのか、しかし、今日は17498.60で終える? 先物は ⇒
[本日の株式市場動向:NK225は 30.40円安]の続きを読む
朝の寄り付きが外人の大幅な売り越しであったことから、NNK225の午前は嫌気売りで下げるが、後場引けではかろうじてプラス引け。 最近の相場は、外人や市場動向の様子眺めのところへ自信をなくした投資家が売り、個人投資家の積極的な買い参加は敬遠ぎみ。 
[本日の株式市場動向:NK225は16.02円高]の続きを読む
先週末の米国高を受けて(このような表現が無難)、NK225も高く始まり、朝方は金曜の下げを埋めて上昇。 大型株から反発するが、勢いがなく戻される。小型株は相変わらず弱い。 本格的な上昇には、主力株・大型内需株の売買数量増と外人買いが、頼みということか?
昨日の米国雇用統計で、雇用が10万人増とはならない結果を受けNY株がさげ、主体性のない日本株も追随。 2時過ぎには、一部に押し目買いが入り、出遅れ、調整済み、決算・今期予想に良い数字の出ている下げすぎ銘柄などは反発。
[本日の株式市場動向:NK225は183.24円安]の続きを読む
企業側が慎重な見通しを発表すると、投資家側も慎重にならざる得ない。 米国経済に楽観的な見方もあるが、NY株は既に市場最高値にあり、少し調整した方がより上昇に向かい易い。 欧州経済は割りと安定しているが、米国の実質経済については、強弱対立の状況であり、この先どちらに向かうのか、これも慎重にならざる得ない理由の一つ。
[本日の株式市場動向:11.16円安]の続きを読む
グローバル経済を見るには、米国の金融市場だけに傾よるのではなく、もっと〔BRICs〕〔VISTA〕などの発展途上国にも視点を向けることが重要。 連休谷間の5月2,3日が株価上昇の準備日であったか、まだ結果はわからない。 朝方は、上値は重いが下値は底堅い展開で推移していた、後場に入ると主力株を中心に一段高。
[本日の株式市場動向:NK225は91.28円高]の続きを読む
小幅反落。 昨日NYは続伸したが、CMEは15円安。 NK225は、昨日大幅上昇であったので、今日は下げても強いと見るべきか。 牽引役の一つとなる新日鉄は、一時877円をつけたが、午後は下げに転じプラス5円で終わる。 いくつかの柱となる銘柄が強いと、日経株価全体を引っ張る相場展開になりそう。
[本日の株式市場動向:NK225は12.99円安]の続きを読む
朝方は、前日のNY株が最高値更新を受け高く始まる。 
その後すぐ下げに転じるが、後場は急速に戻し、結局100円強上げる。 
連休明けの柱となる業種セクター・銘柄の探索も見られていた。
ただ、全体には相変わらずこう着感は否めない。
[本日の株式市場動向:NK225は119.94円高]の続きを読む
連休の谷間、アメリカの雇用統計待ちなどのコメントが聞かれ、本当に硬直感が強まる一日であった。そのような状況下であっても、連休明けの主役を占う銘柄には、外人が、しっかりと買っている銘柄もあると思われる。
[本日の株式市場動向:NK225は125.43円安]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。